整体院・治療院のホームページ製作 イー・イメージ

HOME > 健康・美容 > タイプ別に見る不正出血ケア

タイプ別に見る不正出血ケア

月経のとき以外に、膣や子宮などから出血することがありませんか?これは不正出血といい、不正出血がある場合は背後に病気が隠れていることもあるので注意が必要です。

・・・と、女性の健康に関する雑誌を読んでいるとよく書かれていますが、注意が必要といっても実際にどうすればいいのでしょうか。

不正出血が起こったらなるべく早く受診すること

通常、閉経前の女性は出血することに慣れています。 定期的に月経があるからです。
ところが月経のとき以外に、膣や子宮などから出血することがあります。これが不正出血です。

不正出血はごく少量のこともあれば、大量に出ることもあります。
月経の前後、性交渉の後に突然起こることもあります。
出血は赤ではなく薄いピンク色や褐色のこともあります。
少量だけおりものに混じっている、見分けにくいものもあります。

しかし大切なことは、量や色にかかわらず、不正出血が起こったらなるべく早く受診することです。

自己判断は禁物です。

不正出血の3つの種類

不正出血には機能性出血器質性出血妊娠に関連した出血があります。

★機能性出血
ホルモンバランスの乱れが原因。
特別な病気とは関係ありません。月経と月経の中間(排卵期)に起こる中間期出血はその代表例で、更年期・思春期の女性に多いです。ストレスや不規則な生活によりホルモンバランスが崩れ、不正出血につながることもあります。

★器質性出血
何らかの病気によって起こる不正出血。
子宮がん、子宮筋腫、子宮内膜炎、膣炎など様々な病気が考えられます。

★妊娠に関連した出血
流産や子宮外妊娠など、妊娠にかかわる原因で不正出血します。

この中で気をつけないといけないのは器質性出血です。
妊娠している人で不正出血がある場合、健診の時に担当医に伝えるようにしましょう。

タイプ別に見る不正出血

タイプ別に見ていきましょう。

・月経と月経の中間に少しの出血
排卵期(月経後約1週間から10日程度)にあたり、出血量がわずかなら心配はありません。排卵期以外で出血量が多かったり、長く続いたりするなら婦人科を受診しましょう。更年期からの中間期出血は子宮がんの可能性もあります。

・月経後の少量の出血
月経の2、3日前、月経後に少量出血するなら機能性出血です。量が少ないなら心配ありません。

・不正出血+月経痛、月経過多
子宮筋腫が疑われます。腰痛や貧血を伴うこともあります。早めの受診を!

・性交渉のあとの出血+おりもの異常
性交渉後、不正出血だけではなく、おりものに血が混じる、量が増えた、悪臭がするなどの異常があるときは、子宮膣部のびらん、子宮体がん、子宮頸がんなどいろいろな病気が感じられます。早めに受診を!

・月経が止まらず出血が続く
卵巣の機能不全によるホルモン異常、子宮内膜症、子宮筋腫などいろいろな病気が考えられます。早めに受診を!

・閉経後に不正出血
委縮性(老人性)膣炎の可能性があります。膣の炎症ですが、子宮体がん、膣がん、外膣がんの可能性もあります。早めの受診を!

・不正出血+歯ぐきなどからも出血
白血病や血小板減少など、血液の病気の可能性もあります。歯ぐき以外に、ケガなどによる出血が止まりにくくなったりもします。内科も受診しましょう。

 

>> 健康・美容・ダイエット記事一覧に戻る


トップページ  繁盛する整体院の集客方法  動画で見る整体の技術  ダイエット記事  健康・美容記事  サイトマップ