整体院・治療院のホームページ製作 イー・イメージ

HOME > ダイエット > 食べるほどヤセるダイエット

食べるほどヤセるダイエット

ダイエットは、どれだけ食べないかが成功のカギになりますが、食べることが成功につながるダイエット方法があります。

野菜が中心のスープなので、ローカロリーで食事の際の摂取カロリーを減らすという面もありますが、料理自体に脂肪を燃焼させ、ヤセの体型を作りだせるところが画期的です。

しかも体の中から毒素を排出するので健康にもいい!デトックス効果で美肌にもなります。
お腹いっぱい食べてもヤセられる、魔法みたいな脂肪燃焼スープで、ダイエットを成功させましょう!

脂肪燃焼スープ

脂肪燃焼スープは、ダイエッターのみならず、健康を気遣う人たちにも注目されているメニューですが、それもそのはず、お医者さんが考え出したメニューなんです。

それも漢方のお医者さんです。

漢方は西洋医学と違い、体質を改善して病気を癒していこうとするスタンスに立ちます。

脂肪燃焼スープは体の中に取り込んで、毒素を排出させ、体の中からキレイにするものですから、漢方とルーツは同じですよね。

脂肪燃焼スープの効能

脂肪燃焼スープは、冷え性や肩こりに悩む患者さんのために、食生活から見直して体質を改善し、治療していこうと考えたお医者さんによって、発案されました。

ところが意外にも(笑)、患者さんたちのこれら症状が改善すると同時に、ダイエット効果も確認された。

それでダイエットスープとしても見直されるようになりました。

肩こりや冷え症などの原因

肩こりや冷え症などの不快症状は、本来なら便として体外に出ていくはずの毒素が腸内に溜まることにより、引き起こされます。

毒素が溜まってしまうと、脂肪分や糖分をよけいに吸収し、血液がドロドロになり、病気や肥満も招いてしまいます。

脂肪燃焼スープで肩こりや冷え症などを改善

脂肪燃焼スープの最大の特徴は、食物繊維が大量に含まれていること。食べることで腸を刺激、便通を改善、毒素を排出し、血液がサラサラになり、全身の細胞が活性化されます。

だから食べれば食べるほど体内環境が正常化されてダイエットに効くのです。 

脂肪燃焼スープは夕食の前に1杯食べるだけ。

朝食や昼食でさらにプラスしてもオーケーです。身近にある野菜の、ダシをきかせたスープなので無理なく食べられますね!数日で便通が改善し、毒素が排出されていると実感できます。

脂肪燃焼スープのレシピ

レシピは次の通りです。

★材料 
キャベツ(大)…1/2個
トマト(大)…3個
ニンジン…1本
タマネギ(大)…3個
ピーマン…1個
葉の部分を取り除いたセロリ(太いもの)…1本
水…2〜3L
※ミネラルウォーターがオススメ

★だし
こんぶ…5g
鰹節…10g
鶏がらスープの素…小さじ1杯

★味付け
天然塩…少々
ショウガ…1片

脂肪燃焼スープの作り方

★作り方
@切る
野菜を食べやすい大きさに切ります

A煮る
大きめ鍋(6L以上入るものが便利)にだしと野菜、水1Lを入れて中火で20分煮ます。かさが減ってきたら水を追加。

B味付け
野菜が柔らかくなってきたら天然塩で味を調える。食べる直前にショウガをすりおろして加える。
※食用油や砂糖はNGですよ!

だしが効いているので、少ない味付けでも美味しく感じられます。作り方も簡単なので嬉しいですね!

 

>> 健康・美容・ダイエット記事一覧に戻る

シークレットモデルダイエット
本当は恐いダイエット業界の裏側を大暴露


トップページ  繁盛する整体院の集客方法  動画で見る整体の技術  ダイエット記事  健康・美容記事  サイトマップ